獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

強風で?倒れた看板、車下敷き 北日本などで猛吹雪警戒

 日本海側を中心に大雪となった28日、北海道では風も吹き荒れ、えりも町で33・7メートル、羅臼町で29・8メートル、稚内市で27・1メートルの最大瞬間風速を記録した。


 午後1時40分ごろには、北海道音更町北洋銀行木野支店で、高さ約12メートルの看板が支柱ごと倒れ、軽乗用車など車3台が下敷きになった。けが人はなかった。道警は強風が原因の可能性があるとみて調べている。帯広測候所によると、同町の隣の帯広市で午後1時41分に最大瞬間風速17・4メートルを観測した。


 29日午後6時までに全国各地で予想される24時間降雪量は、多いところで北陸と関東甲信70センチ、東北60センチ、北海道50センチ。北日本と北陸では30日にかけ非常に強い風も吹いて猛吹雪となるところがあり、海上も大しけという。

元記事