獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

東証でシステム障害=原因は通常の千倍のデータ

 日本取引所グループ(JPX)は9日、東京証券取引所の株式の売買システムに障害が発生したと発表した。証券会社は顧客の注文受け付けを一部停止し、株式売買に影響が出た。この問題を受け、JPXの横山隆介常務執行役は記者会見し、「投資家に多大な影響を与え、おわび申し上げる」と陳謝した。

 

 障害は午前7時半ごろ、東証の売買システムと証券会社をつなぐサーバーで発生。計4系統あるうちの一つで、発注ができなくなった。ある証券会社が発注関連のシステム設定を誤ったため、東証が数十秒間で通常の1000倍以上となる大量のデータを受信し、サーバーがダウンしたことが原因という。10日の取引からは通常通りに売買できる見通し。東証は今回の障害を金融庁に既に報告している。

 

 JPXによると、残りの三つは正常に稼働。証券会社は通常、複数のサーバーを併用しており、東証は障害が発生していないサーバーを利用するよう呼び掛けたが、一部の証券会社ではサーバーの切り替え作業がうまくいかなかった。40社弱で売買に影響があったという。

 

 横山常務執行役は「証券会社とのコミュニケーションが不十分だった。サーバーの接続の仕方などを事前に把握する必要がある」と述べた。一方、障害が影響した証券会社に対する損害賠償は考えていないという。 

 

元記事