獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

京都市:ヤミ民泊、全国初の営業停止の緊急命令

エクソン代表取締役の男性に


 京都市は19日、市内のマンションで「ヤミ民泊」を営業したとして、民泊関連事業を展開する「エクソン」(大阪市中央区)の代表取締役の男性に対し、民泊の営業停止の緊急命令(14日付)を出したと発表した。無許可施設への緊急命令は6月15日に施行された改正旅館業法で新たに行政に付与された権限で、行使は全国初という。


 京都市によると、8月29、30日、同市下京区のマンション(39室、7階建て)5階の一室でマレーシア人客3人を無許可で宿泊させたという。宿泊客が調理中に火災報知機が鳴り、消防が駆け付けて発覚した。


 民泊仲介サイトを通じて客を集め、1室に2人1泊3500円程度で宿泊させていた。この部屋は同社が賃借しており、相場は月約6万4000円という。


 市は以前から、同社が伏見区や南区などで他に16室のヤミ民泊を営業していることを把握し、8月15日には「市内では無許可営業をしない」との誓約書を出させていた。同社は東京や大阪では旅館業の許可を得た民泊を展開している。


 代表取締役の男性は市の聴取に対し、「やめる方向で進めていたが、外国人と意思の疎通がうまくいかず、予約を取り消せなかった」と話したという。

 

元記事