獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

高性能爆薬製造疑い=「威力確かめたかった」-大学1年の少年逮捕・愛知県警

 高い殺傷能力を持つ高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造し、所持したなどとして、愛知県警捜査1課は20日、爆発物取締罰則違反などの疑いで、名古屋市緑区の大学1年の少年(19)を逮捕した。「爆弾に興味があり、作って威力を確かめたかった」と容疑をおおむね認めているという。

 

 TATPは市販の化学薬品などで製造が可能で、過激派組織「イスラム国」がテロ行為で使用しているとされる。

 

 逮捕容疑は2016年12月22日ごろ、同市名東区の当時の自宅でTATP約57グラムを製造。今年3月19日午後8時半ごろ、同区の公園でこのうち一部を所持した疑い。

 

 同課によると、公園では起爆に使われたとみられる黒色火薬の痕跡はあったが、TATPは揮発しやすいため確認できなかった。しかし、現場に残されていた容器からTATPが検出された。

 

 同課は4月に緑区の自宅を家宅捜索し、薬品や器具類を発見した。この際、爆薬の四硝酸エリスリトール(ETN)約9グラムも押収しており、火薬類取締法違反(製造、所持)容疑でも逮捕した。ETNの違法製造が国内で確認されたのは初めてという。

 3月19日夜、「公園で大きな音がした」などの通報があり、地面の一部に焦げた跡があった。けが人はなかった。 

 

元記事