獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

ブロガー“Hagex”さんイベント後に刺殺か 「信じられない」「日本のネット史に残る事件」とネットに衝撃

 ブログ「Hagex-day.info」管理人のHagexさんが6月24日、福岡市内で刺殺されたとみられ、インターネット上に衝撃が走っています。現時点で被害者=Hagexさんとの警察発表はありませんが、編集部が複数の情報筋に確認したところ、亡くなったのはHagexさんでほぼ間違いないとみられます。

 

 福岡県警の発表によると、被害者、岡本顕一郎さん(=Hagexさん)は6月24日午後7時59分ごろ、福岡市中央区大名の支援施設内において、ナイフで数回刺され、その後搬送された病院で亡くなったとのこと。容疑者は事件後、市内の交番に出頭しており、福岡県警は殺人および銃刀法違反の疑いで25日、福岡市東区在住の無職、松本英光容疑者を逮捕しています。

 

 Hagexさんは同日、福岡市内で「ネットウォッチ勉強会」としてイベントを主催しており、被害者が「IT関係セミナーの講師を務めていた」などの報道から、ネットでは早い段階から「被害者はHagexさんではないか」との声があがっていました。編集部がイベント施設に確認したところ、詳細についてはコメントできないとしつつも、同施設で「事件があったのは事実」との回答。Hagexさんと面識のあったブロガーやWeb関係者にも確認したところ、被害者の顔写真とHagexさんの素顔が同一であったほか、本人から聞いていた名前と被害者の名前も一致していたとのことでした(筆者自身もHagexさんと面識がありましたが、写真を見るかぎり岡本さん=Hagexさんでほぼ間違いないとみられます)。また時事通信などの報道によると、松本容疑者は警察の取り調べに対し「Hagexという男を死なせてやろうと思った」などと供述しているとのこと。

 

 Hagexさんは以前から「ネットウォッチャー」「炎上評論家」として活動しており、特にネットの“炎上”案件を積極的に扱うブロガーとして有名でした。Twitterでは事件後「ネット殺人」「Hagex氏」などがトレンドに入るなど大きな話題に。容疑者はブログがきっかけでHagexさんに恨みを抱いていたとされており、ネット上では「信じられない」「日本のネット史に残る事件」「言葉が出てこない」など、ブログでのいさかいが殺人にまで発展したことについて動揺している声が少なからずみられました。

 

元記事