獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

障害ある息子、檻に監禁容疑 73歳父親を逮捕 兵庫

 障害のある長男(42)を自宅敷地のプレハブ内の檻(おり)に閉じ込めたとして、兵庫県警は7日、兵庫県三田市広沢の無職山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)を監禁の疑いで逮捕し、発表した。「暴れるから監禁した」と話し、容疑を認めているという。檻での生活は20年以上に及んでいたとみて調べている。


 捜査1課によると、逮捕容疑は1月18日午前10時から19日午後10時ごろまで、プレハブ内の木製の檻(高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約90センチ)に長男を監禁したというもの。捜査関係者によると、長男には精神疾患があったという。


 三田市などによると、山崎容疑者が妻の介護について福祉関係者に相談した際、「長男を閉じ込めている」と打ち明けたという。連絡を受けた市職員が1月18日に自宅を訪ね、檻の中にいる長男を見つけた。上半身に服を着ただけの姿で、檻には南京錠がかかり、ペット用シートが敷かれていた。プレハブにはエアコンや扇風機が据え付けられていたという。


 健康状態に問題はなかったが、市は虐待と判断して1月22日に福祉施設に入所させて保護した。三田署には2月21日に連絡した。


 捜査1課によると、山崎容疑者は市の調査に対し、1991年ごろに大阪府内から三田市に転居し、その後、長男を檻で生活させるようになったと説明。おおむね2日に1回程度、自宅で食事を与え、風呂にも入れていたと市に話したという。県警はプレハブや檻を設置した経緯などについて、山崎容疑者から詳しく事情を聴く。

元記事