獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

隠し場所は工作機械…覚醒剤250キロ所持容疑で逮捕

 覚醒剤約250キロを所持していたとして、警視庁が宇都宮市の会社員フクダ・モンテイロアンデルソン容疑者(32)らブラジル国籍の男4人を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕していたことが、同庁への取材で4日、わかった。認否は明らかにしていない。


 組織犯罪対策5課によると、4人は群馬県内で今年2月下旬、覚醒剤約250キロ(末端価格約150億円)を大型工作機械のレーザーカッターの中に隠し持っていた疑いがある。この機械は1月上旬、香港発の船便で東京港に送られてきた。宛先が群馬県内の会社となっており、フクダ容疑者以外の3人はこの会社の社員だった。3人はこの覚醒剤に対する同法違反(営利目的密輸)容疑でも再逮捕されているという。

 

元記事