獅子身中の虫

事件事故、自然災害のブログ

「11・3暴走」対策で国道封鎖 「やじ馬ゼロ」目指す

 大阪府岸和田市で毎年11月3日未明に繰り返されてきた、改造車やバイクによる「イレブンスリー暴走」。府警は2年前から現場の封鎖に踏み切り、封じ込めに取り組んできた。暴走をあおる「期待族」と呼ばれるやじ馬は一時2千人を超えたが、昨年は約40人に激減。府警は「今年はゼロに」と意気込む。


 「ハロウィーンが終わったらイレブンスリー」。インターネット上の掲示板やツイッターでは、こんな投稿が今年も出始めている。


 府警によると、イレブンスリー暴走は解散した暴走族名にちなむとも言われる。改造された車やバイクが国道26号の一部区間をクラクションを鳴らすなどして騒ぎながら行ったり来たり。周辺の住民らから苦情が相次いでいた。


 こうした暴走行為が少なくとも10年前には確認されている。その様子がLINE(ライン)やツイッターで話題を呼び、やじ馬が急増。2015年には約50台の暴走を約2500人が見物した。


 「仮装した運転手に改造車。ハロウィーンのようにショー化してきた。暴走が目的ではなく目立ちたいだけ」と捜査関係者は話す。


 府警は16年、岸和田市の国道26号を約2キロにわたり通行止めに。集団暴走は約20台、やじ馬は約370人となった。翌17年は暴走行為に加わろうとしたのか、通行止め区間周辺まで来た車はあったが、暴走行為は確認されず、やじ馬は約40人にまで減った。交通総務課幹部は「もう今年で諦めてもらいたい」と話した。

 

元記事

JAL副操縦士、飲酒の罪状認める 上限値の10倍検出

 ロンドン発羽田行きの便に乗務予定だった日本航空の男性副操縦士(42)が、乗務直前に基準値を超えるアルコールが検出されたとしてロンドンの警察当局に逮捕された事件で、副操縦士は1日、ロンドンの裁判所に出廷し、罪状を認めた。今月29日に判決を受ける予定だ。


 副操縦士は1日、軽犯罪を扱う治安判事裁判所に出廷し、法律の上限を超える血中アルコール濃度で飛行任務を実行した罪を認めた。判決は今月29日、比較的重大な事件を扱う刑事法院で言い渡される。英国の法律では、最長2年の懲役か罰金、またはその両方が科される可能性がある。


 ロンドン警視庁によると、副操縦士は10月28日午後6時50分ごろ、ヒースロー空港で逮捕された。英PA通信によると、副操縦士は血液100ミリリットルあたり189ミリグラムのアルコールが検出された。これは、パイロットの上限である血液100ミリリットルあたりアルコール20ミリグラムの約10倍にあたる。


 英国では今年6月、上限の4倍以上のアルコールが検出された英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズパイロットが、懲役8カ月の有罪判決を受けている。

 

元記事

観光バス事故:運転手心筋梗塞を発症 病院搬送も死亡

 1日午前6時50分ごろ、千葉県成田市三里塚1の県道で、観光バスが蛇行運転を繰り返した後、交差点で対向車線の歩道にある信号機の柱に衝突した。バスの運転手、近藤善則さん(66)=千葉市稲毛区山王町=が病院に運ばれたが死亡した。


 県警成田署によると、近藤さんは運転中に心筋梗塞(こうそく)を発症した。乗客の中国人観光客26人にけがはなかった。


 同署によると、現場は片側1車線の直線道路で、バスは歩道脇の雑木林に突っ込んだ状態で停車した。同県富里市の「亜細亜交通社大功バス」が運行し、同市内のホテルから成田空港に向かう途中だった。同社は「運転手の健康状態に問題はなかった」と説明しているという。

 

元記事

ハロウィーン:山口組の菓子配り、注意促す 神戸の住民ら

 ハロウィーンの31日、神戸市灘区の指定暴力団山口組総本部周辺で、住民ら約100人が暴力団追放を訴えるパレードをした。総本部ではハロウィーンに合わせて子どもに菓子を配っており、注意を呼び掛けるため、初めて、この日にパレードを実施した。


 「灘区暴力団追放推進協議会」の住民や警察官は「暴力団は出て行け」「ハロウィーンで子どもを誘うな」と声を上げながら、山口組総本部の周りを約20分間歩いた。


 パレードが終わった後、総本部の駐車場のシャッターが開き、カボチャのおばけなどに扮装(ふんそう)した組関係者が「おいでおいで」と声を掛け、子どもたちに菓子の詰め合わせを配った。菓子を受け取った母親は「子どもが楽しめると思って行っただけ」と話した。


 協議会役員の男性は「菓子を配るのは、暴力団が地域を懐柔するためだ」と注意を促した。

 

元記事

岡山県警:無免許ほう助容疑で40歳男逮捕 5人死傷事故

 岡山市で今年7月、中学2年の男女5人が乗った乗用車が中央分離帯の金属製ポールに衝突し、5人が死傷した事故で、岡山県警は30日、この車を先導していたとして同市北区富田の無職、則枝研二容疑者(40)を道交法違反(無免許運転ほう助)の疑いで逮捕した。則枝容疑者は、車を無免許で運転していた男子生徒(当時13歳)の知人。


 逮捕容疑は、男子生徒が車を運転することを知りながら「危ないから、ついていってやる」と言い、7月1日早朝、自分の乗用車を運転して男子生徒の車を先導したとしている。県警によると、「一緒に走ったことは間違いないが、子供が勝手に運転した」と容疑を否認している。


 則枝容疑者の車にも、死傷した5人と同じグループの中2の男女生徒4人を含む6人が乗っていたという。


 事故は同日午前4時55分ごろ、同市北区の国道30号で発生。車外に投げ出された女子生徒(当時13歳)が死亡し、他の4人も重軽傷を負った。県警は運転していた男子生徒を特定し、当時の状況を調べる中で則枝容疑者の関与が浮上した。

 

元記事

国道逆走:77歳女性死亡 衝突された車の3人負傷 千葉

 28日午後5時10分ごろ、千葉県柏市若柴の国道16号で、同市船戸2、無職、大沢生子さん(77)運転の乗用車が逆走し、男性(44)が運転する乗用車と正面衝突した。さらに後続車が追突するなど計3台が絡む事故で、大沢さんが死亡した。


 県警柏署によると、男性と男性の車の助手席に乗っていた息子(13)、後部座席の妻(42)も負傷したが、軽傷とみられ、命に別条はないという。3人の車に追突した後続車に負傷者はいなかった。 現場は中央分離帯のある片側2車線。同署は大沢さんが逆走した原因などを調べている。

 

元記事

渋谷:暴行容疑などで5人逮捕 ハロウィーン騒動

 27日夜から28日朝にかけて、東京・渋谷の繁華街はハロウィーンの仮装をした若者らによって激しく混雑し、トラブルが相次いだ。軽トラックが横転させられたほか、警視庁渋谷署は暴行などの容疑で20~50代の男5人を逮捕した。28日夜も、渋谷のスクランブル交差点や周辺は、アニメキャラクターや魔女などの仮装をした多くの若者らで混雑した。


 同署によると、28日午前1時すぎ、渋谷区のセンター街で走行していた軽トラックが取り囲まれ、荷台に乗り込まれるなどした。危険を感じた運転手が車を離れた間に横転させられ、左側のドア付近がへこむなどした。けが人はいなかった。運転手から被害届が提出され、同署は器物損壊容疑で捜査している。


 このほか、女性が胸を触られるなどの被害も発生し、暴行容疑で3人、東京都迷惑防止条例違反の盗撮と痴漢容疑で1人ずつがそれぞれ逮捕された。


 渋谷では近年、ハロウィーン当日の31日や直前の週末に仮装をした若者たちが集まるようになった。ただ、一部が夜通し騒いでゴミを散らかしたり、痴漢などの被害が相次いだりすることが社会問題化。警視庁は今年も31日まで、柔らかな語り口で歩行者の誘導を行う「DJポリス」などを配置して警戒を続けるほか、混雑状況に応じて交通規制を実施する。

 

元記事